HOME > 住宅ローンの借り換えで損しないように > ゼロ金利政策と住宅ローン借り換え

ゼロ金利政策と住宅ローン借り換え

ゼロ金利政策が行われた事によって、住宅ローン借り換えを検討している人が増加しています。金利が低い事は住宅ローンを利用する人にとってメリットは高いのですが、その代わり預金利用者にとっては金利が低くメリットが少なくなっています。しかし、高金利の時期に住宅ローンを利用された方は、低金利の今が借り換えのチャンスだとも言えます。今後金利がこれ以上下がる事は少ないと言えますから、良い条件のものがあれば早めに検討しましょう。

金利の今後の傾向とは?

ゼロ金利政策が行われたのは平成18年の事です。現在では徐々に住宅ローンの金利が上昇している傾向があり、早めに住宅ローンの借り換えを検討すると良いでしょう。逆にゼロ金利時代に住宅ローンを利用された方は、借り換えによるメリットは少なくなっています。今後はどんどん金利が上昇すると言われています。変動金利を利用されている方、金利が高い方も借り換えを検討されると良いかもしれません。

このページのトップに戻る