HOME > 住宅ローンの借り換えについて > 住宅ローン借り換えの費用

住宅ローンの借り換えには費用がかかる

住宅ローンを借り換えする場合では、費用がかかってしまいます。銀行によって手数料は異なっており、手数料が安い銀行を選ぶ事もできます。多くの場合では数十万円かかってしまいますから、金利だけでなく手数料についても考慮しなければなりません。金利の見直しによって総額が減少しても、手数料を入れるとそれ程代わりがなければそれ程メリットは無いと言えます。銀行に詳しく試算を行ってもらい、比較するとわかりやすいです。

住宅ローン借り換えの費用

住宅ローン借り換えの費用は、次のようなものがあります。書類作成のための印紙代は数万円ほどです。事務手数料、保証料、抵当権設定費用などです。保障料は無しという銀行もありますし、手数料がかなり安い銀行もあるので検討してみて下さい。数十万円〜多い場合では100万円近くかかるケースもあります。最近の傾向ではネット銀行の方が手数料のコストが安いようです。

このページのトップに戻る