HOME > 住宅ローンの借り換えについて > 借り換えした方が良い場合とは?

借り換えした方が良い場合とは?

住宅ローンを借り換えたほうが良い人、しないほうが良い人が居ます。全ての場合で借り換えをしたほうが総額が安くなるという事ではありません。例えば、2%以下など低金利時代に住宅ローンを利用する事ができた人の場合は借り換えによって金利が上昇し、逆効果になる事があります。金利が上昇するからと言って借り換えしないほうが良いとは一概には言えませんが、多くの場合は借り換えで損する事が多いようです。

借り換えしたほうが良い人のポイント

住宅ローンを借り換えしたほうが良い人は、借り換えによって金利が1%以上低くなるケースです。期間が長ければ1%以下の場合でも総額が安くなる事もあります。借り換え手数料を考慮の上それでも総額が安くなるのであれば、借り換えしたほうがメリットがあります。なるべく返済期間が長く残っており、返済総額もまだ多く残っている人の方が借り換えチャンスはある可能性が高いです。

このページのトップに戻る